中心を担うか補助を行うかの違い

開発現場では正社員を主な構成員とするグループの中にフリーランスの人材が若干名いるということがIT業界ではよくある。どのエンジニアもそれぞれの専門性を生かした業務に従事することになるが、正社員とフリーランスで専門分野が重なっている場合には業務内容に若干の差があるだろう。

企業の立場から考えれば長期的に勤める正社員にプロジェクトの主だったところを担ってもらい、プロジェクトが製品開発に結びついたときには将来的な対応も任せていきたいと考えるのは妥当である。そのため、中心的な業務を正社員が担い、フリーランスは補助的な仕事を行うという形になる場合が多くなっている。

しかし、正社員の場合には与えられた業務しか行うことはできないものの、フリーランスは内容を選んで契約できるという特権がある。やはり中心に立って働きたいというエンジニアは契約の時点でそれを確認しておけば問題はない。現場にいないエンジニアを確保するために外部からエンジニアを獲得することもよくあり、この場合には自分の専門分野に関しては中心になって働けるだろう。

また、企業で動かしているプロジェクトとは独立した仕事を請け負うことで、単独で開発などを行う業務に携わることも可能である。企業が求めている仕事の中から自分で選べるのはフリーランスの特徴であり、補助的な役割を果たしたい場合にも中心に立って働きたいという場合にも契約内容によって実現できるのである。